スポンサーリンク

【1年半】丸坊主からマンバンができるまでの記録

当サイトは広告収益によって運営しており、ページ内のリンクにアフィリエイト広告を含みます。

2022年の1月、私はふと「丸坊主から始めて髪が結べるまで伸ばそうと思ったらどれぐらいの期間がかかるのかな?」と思い立ちました。
しかし、完全にゼロからスタートして髪が伸びる過程を記録しているマンバンの人が意外と見つかりません。
そこで自分自身を実験台とすべく、実際に丸坊主から髪を伸ばしてみたので、今回はその過程を公開します。

スポンサーリンク

丸坊主~2ヶ月ノーメンテ

このブログで以前、髪が伸びる早さを計測していた際に「丸坊主チャレンジ」というタグでいくつか記事を書いていました。
実はそれがこのマンバンチャレンジの初期の時期のものです。
以下いくつかの写真は当時の記事からの流用となります。

まず、近所の床屋で「バリカンで一番短い坊主にしてください」とオーダーした結果がこちらです。
毛の長さは実測で約1mm、文字通りの丸坊主ですね。

で、髪が短いうちほど伸びるのは早く感じるものです。
この時期はマスク生活だったこともありヒゲも手入れしていなかったので、見苦しい写真が続くことを先にお断りしておきます。

1週間経過。
髪の長さは4~5mm程度。

2週間。8~9mm程度。

1ヶ月後がこれ。人生で一番汚い。
髪の長さは15mm程度です。

そして丸坊主から2ヶ月間ノータッチの結果がこちら。

この時点で髪の長さは3cmほどで、自分の髪が1ヶ月に1.5cmほど伸びることが分かったわけなんですが、見ての通り側頭部から横に広がってみっともないことが問題になりました。
男性の伸びかけ状態で最も気になるポイントの一つではないかと思います。もみあげも汚らしい。
オシャレに気を使ってないクソダサ中学生ってこんな感じになりがちですよね。

スポンサーリンク

多少手入れしつつ3ヶ月

「なるべく切りたくない」と「とはいえあまりにみすぼらしい」を勘案した結果、自分でもみあげ周辺を刈り上げることにしました。
使ったのは、以前から愛用しているBRAUNのヒゲトリマーです。
0.5mm単位で長さ調整ができるので、様子を見ながら徐々に短くしたり、眉毛の長さを揃えたりするのにも便利です。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

結果、多少マシな見た目になりました。
写真ではそこまで変わりませんが、耳周りの毛が不揃いにモジャモジャしているのと比べるとかなりまともな風貌です。

ただ、そこからさらに1ヶ月経って坊主後3ヶ月にもなると、首の後ろの襟足部分がかなりモジャモジャになってきます。
そのため、久々に床屋に行き、耳周りと襟足の刈り上げを繋げる感じのツーブロックにしました。
あと、長い部分はなるべく切りたくなかったのですが、あまりにモサモサなので頭頂部だけ軽くすいてもらいました。
この時点で長い部分の髪が4~5cmです。この時期ぐらいまでは自分の頭が年齢不相応にダサくて本当に嫌でした。

スポンサーリンク

伸ばしつつ刈り上げ範囲を徐々に広げる

私は以前にもマンバンをやっていた時期があるのですが、そのときに一度ツーブロックの刈り上げ部分を広げすぎて失敗しています。

刈り上げ拡張、気持ちとしては一気にやりたいのですが、刈り上げエリアを不用意に広げてしまうと、長い髪の毛が被さっている部分が厚み不足でスカスカになってしまうのです。
これをやってしまうと、ヅラ感というかカッパ感というか、とにかく髪を下ろした時に凄く不自然になります。

マンバンを目指すなら、「最終的にマンバンにしたい」ということは美容師さん/理容師さんに必ず伝えましょう。
そのうえで、長い部分は極力すかずに重さを残しながら、少しずつ様子を見ながら刈り上げを広げるのがいいと思います。

そんなことを考えながらの4ヶ月。
「長めの坊主」から「ベリーショート」になったと感じます。

7ヶ月。
ようやくまともな見た目になりました。

10ヶ月。
この写真は美容院に行った直後なのでセットされていますが、このあたりから逆にコントロールが効かなくなります。
外にハネたり内巻きになったり、とにかく言うことを聞かない時期に突入しました。

そして1年!
ちょちょこ毛先を揃えたりしていたのと、毛が切れてしまうのもあってか、この時点でようやく前髪が鼻先に届く13~14cmぐらいです。
この時期は本当に一番収まりが悪く、(この写真はちょっと状態が悪すぎとはいえ)まとまりにくさのピークだったと思います。

1年経過後~結べる長さになるまで

側頭部から後頭部にかけて繋がったツーブロックを徐々に上に拡張しつつ、長い髪の後ろ側は襟足のあたりで適宜揃え、前髪はノータッチでひたすら伸ばし続けるというのがこの時期のセオリーになります。
繰り返しますが、少々重くても先のことを考えたらすいてはいけません。

そんな感じで1年2ヶ月です。
この時はギャルの美容師さんが「こういう髪型したことあります?」とアイロンでめっちゃ巻いてくれたんですよね。

それが気に入ったこともあり、ヘアセットを楽に済ませるため、最終的にパーマをあてることにしました。
その結果がこちら、細めのロッドで巻いたスパイラルパーマになります。
1年と5ヶ月、前髪はあごに届く20cmくらいです。

で、この長さでようやくイメージに近いマンバンにすることができました。

横から。

後ろはこれぐらいの感じ。

というわけで、坊主頭からマンバンにするには1年半ほどかかったということになりますね。
なかなか長い道のりでした。

最大の敵は「途中で飽きてくること」とよく言われますが、それ以上に「途中の髪型がダサいのが耐えられない」というのに負けて切ってしまい、なかなか完成しないという人が多いのでは?と個人的には思います。
また、完成した瞬間に目的が達成された気分になってしまい、すぐ短髪にしちゃう人もいるそうです。
自分はパーマの感じ含めて気に入っているので、しばらくこの髪型でいこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました