クラウドワークス3ヶ月目、ビズアシ案件にひたすら応募

先に結論から書いておきます。
3ヶ月目となる9月はクラウドワークスの仕事を一つも受注していません。
ただ、ビズアシの時給案件に関して、いくつか分かったことがあるので、それについて書き残しておこうと思います。

まず、クラウドソーシングの仕事をするのやめて何をしていたかというと、もう一つ運営しているブログの記事をひたすら書きためていました。
私にとってこのブログは「思考整理のリハビリ」や「何か特筆すべきことがあったときの記録」という側面があります。
一方、もう一つのブログは趣味を活かした音楽系のブログで、書きたいネタはいくらでもあるので、音楽ブログの方を随時更新できるよう、大量の記事ストックを書いていました。

では、クラウドワークスで何もしなかったのか?というとそうではありません。
少し前に採用を取り消された後も、ビズアシから紹介される非公開の時給案件には適宜応募していました。
【クラウドワークス公式サイトはこちら】

クラウドワークスでビズアシの時給案件をゲット!と思ったら採用を取り消された

残念ながら未だに採用には至っていないのですが、最近ビズアシ側の運営体制に変化がありました。
以前は、ビズアシから紹介される仕事は「bizasst_works」というアカウントから連絡がきていました。

しかし、9月に入ったある日、「bizasst_member」というアカウントからスカウトメッセージが届きました。
どうやらこのアカウントは、ビズアシの面談を済ませたワーカー向けに非公開の案件を打診するためのアカウントのようです。
タイトルに【ビズアシ面談合格者様×優先選考】と付いているのが特徴です。

そして、それとは別に「bizasst_office」というアカウントもできています。
こちらはビズアシの案件の中でもオフィスワーク系の仕事に特化したもののようです。
やはり基本的には非公開案件がメインのようですが、いくつか誰でも応募できるオープンの案件があったので、試しに応募してみました。

で、9月は上記のビズアシアカウントの案件にいくつか応募し、残念ながらいずれも不採用だったものの、いくつか分かったことがあります。
まず、ビズアシ求人には早い者勝ちの側面があるということです。

大体の場合、ビズアシで企業が募集している時給案件は募集定員1名です。
また、応募期間は2週間程度となっているものが多いようです。
しかし、どうやら多くの場合、募集がスタートしてからすぐに応募した人に決まってしまうことが多いようなのです。

というのも、スカウトが届いてから1~2日悩んで応募してみると、すぐに「別の方に決まりました」という返信がくることが多いです。
また、実際に事務局の方から「早くに応募をいただいた方から選考を進めさせていただいたため、既に定員となり、こちらの募集は終了させていただきました」という連絡がきたこともあります。
というわけで、紹介を受けた案件があったら、内容を精査する前にとにかく応募してしまうのが採用への近道かもしれません。

実際のところ、時給1,200円の人事系案件に応募している人の中に、社労士資格を持つ自称人事コンサルタントがいたりします。
そんな人材を押しのけて採用されるには、やはりスピード勝負しかないでしょう。
今後どうなるか分かりませんが、とりあえず10月はビズアシでの採用を目指しつつ、決まらなければ別の職探し方法も考えてみようと思います。

続きはこちら↓

クラウドワークス、4ヶ月目にして正直無理だと悟る

【他の在宅ワーク関連の記事はこちらから】
カテゴリー:在宅ワークの話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。