【就労証明書の書き方】在宅ワークやブログを仕事として保育園に入れるか?

私の2人の子供は、同じ幼稚園(認定こども園)に通っています。
基本的に、平日の朝から夕方まで保育を受けているという形です。
そして、来年度もその保育を継続するための、就労証明書を提出する時期がやってきました。

私にとっては会社員を辞めてから初めての就労証明ということもあり、正直分からないことも多かったのですが、子供を夕方まで幼稚園や保育所に預ける(2号認定・3号認定)場合、両親とも自宅で子供の世話ができないということを証明しなくてはなりません。
そのための書類が「就労証明書」です。

この証明書は、通常は幼稚園から用紙を渡されると思いますが、役所でも配布されていますし、今時は自治体のホームページからダウンロードすることもできます。
※自治体によって書式が違ったり、「就労等証明書」や「勤務証明書」など、呼び名も異なる場合があります。

会社員やパート・アルバイトなど、企業に雇用されて働いている人なら就労証明書を作成するのは簡単で、総務とか人事の部署に書類を渡せば必要事項を書いてハンコを押してもらえます。
また、以前の私のように、病気のために自宅で子供の面倒が見れない場合は、役所に診断書を提出するという方法もあります。

【病気療養中に子供を保育所に預ける方法】診断書と申立書を役所に提出

さて、現在の私はというと在宅で時給制のアルバイトをしており、こちらは会社にPDFで書類を送って勤務時間を記入してもらうことができました。
しかし、このバイトは月40時間ぐらいしかシフトが入らないため、市が保育の必要性を認める基準に満たないのです。
私が住んでいる市では、月80時間以上働いている必要がありました。

とはいえ、クラウドソーシングの仕事は雇用契約ではなく業務委託契約なので、受注先が会社組織であっても就労証明は基本的に書いてもらえません。
そこで私は、クラウドワークスの仕事をしている時間と、このブログを含む、収益が発生している2つのブログの運営(もう1つのブログはこのブログと違って頻繁に更新しています)にかけている時間を就労時間と認めてもらうことができるかを、市役所に確認しに行くことにしました。

市役所の児童課に相談に伺う際は、あまり詳しくない人に説明しなければならない可能性を考え、収益等をプリントアウトして説明資料を作ったうえで臨みました。
すると、田舎ということもあってあまり前例がないようでしたが、以下のような回答が得られました。
(※取り扱いは自治体ごとに異なることに注意してください。あくまでも私が住んでいる市で聞いた内容です。専業ブロガーの場合はまた違うかもしれませんし、別の窓口に回される可能性も高いと思います。)

働いている時間として認めることはできるので、証明として就労証明書に民生委員の署名捺印を得たうえで提出すること。
・就労証明書への記入を民生委員に依頼する際には、確認依頼書が別途必要である(この場で貰いました)。
・クラウドソーシングは従来の「内職」に近いと思われるが、それぞれの受注先との細かい契約関係が厳密に証明できないようなので、ブログとあわせて「自家営業」として申告し、業態はクラウドソーシング・ブログあわせて「ネットビジネス」と記載すればよい。

というわけで、住んでいる地区を担当する民生委員さんを紹介してもらい、就労証明書と確認依頼書に捺印をいただいて、必要書類をそろえることができました。
なお、「外勤(雇用された仕事)」と「自家営業」を両方やっている場合、私が住んでいる市では「それぞれ別の就労証明書に記入して2枚提出してください」と言われました。
このあたりのルールも自治体によって異なるかもしれません。

また、ブログから全く収益が出ていないのであれば、それは完全にただの趣味であり、当然ながら仕事とは認められないでしょう。
このあたりも含めて、この記事の内容はあくまで参考程度にしていただき、アドセンス・アフィリエイトやクラウドソーシングを仕事として子供を保育所に預けようとしている人は、必ず役所で確認することをおすすめします。

【在宅ワーク関連の記事はこちらから】
カテゴリー:在宅ワークの話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。