【インフルエンサーに騙されないで】「ブログで稼ぐ」を目指す鬱病・発達障害の方へ

転職を繰り返した末に3社目の企業を退職し、私が会社員の身分を失ってから1年が経ちました。
その間、鬱が悪化していた時期には闘病経験者の方のブログを読んで勇気をもらいましたし、発達障害に関しても、見ず知らずの人が書いているブログから多くの情報を得ることができました。
しかし、冷静になって改めて考えると、良いブログばかりでなく鵜呑みにするのは危ないブログもちょこちょこあったので、今回は個人的な見解として注意すべきメンタル系ブログについて書き残しておこうと思います。

私自身、このブログを含む複数のブログを運営し、少額ですが収益を得ています。
ただし、その収益化手段としては、あくまでも「アドセンス広告」と、「実際に自分が購入した or 導入を検討した商品等を紹介するアフィリエイトリンク」に限定するというルールを自身に課しています。

また、「情報発信のついでに収益が発生すれば嬉しいな」程度のスタンスなので、本当に良いと思ったものについては何らメリットがなくても書いています。
例えば、カレンダーアプリのTimeTreeの紹介記事なんかは結構アクセスが多いですが、これは純然たるおすすめアプリの紹介記事であり、リンクを貼り付けた企業サイトを経由してアプリがダウンロードされても、私には一銭も入ってきません。

発達障害にオススメしたいカレンダーアプリ「TimeTree」

一方、世の中には完全に金儲けのためにブログを書いている人たちが山ほど存在します。
分かりやすいところで言えば、芸能人のネット上の噂をかき集めた「〇〇って誰?学歴は?恋人は?調べてみました!分かりませんでした!」みたいな粗製乱造のトレンドアフィリエイトブログ。
何の中身もないこの手のゴシップ記事は本当に検索の邪魔でしかないと思うのですが、うまく当たれば爆発的なアクセスになり、多くの広告収入が稼げると言われています。

そして、ネット上の話題にアンテナを張っている人であれば、オンラインサロンにまつわる騒動をご存知の方も多いと思います。
イケダハヤト等を崇拝し、その手法を模倣する界隈のキナ臭さはもはや多くの人が知るところですが、それでも相変わらず一定数の信者が存在します。
そんな魍魎跋扈の裏側を抉る吉川ばんび氏による文春記事が話題となり、「プロブロガー」や「インフルエンサー」と称する連中が口八丁で貧困層を餌にする構造が浮き彫りになりました。

さて、本題です。
私がそうだったように、このブログを読んでくださっている方も、「うつ病 退職」や「鬱 仕事 辞めたい」のようなキーワードで検索した経験があることと思います。
そんな境遇において、一部のブロガーによる「今は個人がネットで稼げる時代!」「メンタルがやられてもフリーランスで独立!」という誘い文句はとても魅力的です。

しかし、ブログでメンタルヘルス系の内容を綴っている人の中にも、一部には先述の完全に金稼ぎ目当てでブログをやっている連中の一派がいることを頭に入れておく必要があります。
精神疾患を患っているのが事実だとしても、「とにかく仕事を変えるのが一番!」と煽って利用したこともない転職サイトに誘導したり、効果の怪しいサプリメントを薬事法違反ギリギリの表現で紹介したり、ろくに投資の知識もないのに「これで大逆転だ!」とFXへの登録を煽ったりと、手を変え品を変えてアフィリエイトの紹介料を稼いでいるだけの、良識を欠いた連中の言うことを真に受けて本当に大丈夫だと思いますか?
真っ当な批判意見をSNSで晒し上げ、「アンチは養分!」と二枚舌を使う人間が信頼に足りますか?

このようなパターンに加え、Twitterでフォロワーの多い発達障害当事者の中には、専門家でも何でもないにもかかわらず有料で発達障害相談を受けているという輩さえ存在します。
藁にもすがりたい思いだからといって、実際に会ったこともない素人に、文章だけで発達障害を判断してもらえるわけがありません。
この手の人物は、炎上しそうな表現を選んで反対意見にマウンティングするツイートを繰り返しているものの、ブログの中身はスカスカで、まさに「稼ぐためのブランディングが第一、ブログの内容は二の次」という感じです。

心が弱っているときに「会社を辞めても大丈夫!私は独立して会社員より稼げるようになった!」と言われたら、フラッと感化されそうになるのは当然のことです。
しかし、会社員が務まらないうえ、何の特殊技能もないのにフリーランスとして食べていけるのは、良識を捨てて汚い金儲けに一点集中できる人だけだと思っておくべきでしょう。
全ての人がそうではないにせよ、自衛のために最低限その認識は必要です。

私は幸いにもある程度元気になり、在宅で雇用されて仕事ができるようになりましたが、フリーより雇われの方が自分には遥かに向いていたんだと痛感しています。

別に「私はあいつらとは違いますよ!信じて!」と言うつもりはありません。
私自身にしても、見る人によっては「ブログで小銭を稼いでる一味」と映るでしょう。

ですが。
生きるのが精一杯の人の心の弱みにつけ込み、ゴミを売りつけて金稼ぎするような奴らと同じところに落ちることだけは絶対にしたくない。
そう思っていますし、そういう連中に引っかかる被害者が少しでも減ることを心から願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。