スポンサーリンク

【16種類飲み比べ】ビーレジェンドプロテインの感想とおすすめ

少し前から筋トレを始めたのと合わせてプロテインを飲むようになったのですが、ドラッグストアで売ってるやつは値段が高いうえに味もイマイチだったので、通販で買えるリーズナブルなものに切り替えることにしました。
安さ最重視なら海外製品という選択肢もありますが、せっかく奈良県在住なので、奈良の企業の製品であるビーレジェンドを試すことにしました。

スポンサーリンク

ドラッグストアで買ったやつが不味かった

私は粉末プロテインサプリメント(いわゆるプロテイン)自体の味に苦手意識はありません。
また、添加物完全否定派というわけでもないので、「人工甘味料が入っているものは一切買わない!」というような極端な考えも持っていません。
ただ、甘味料としてアセスルファムK(アセスルファムカリウム)が入っている微糖の缶コーヒーやゼロカロリー飲料は口の中に残る変な後味が苦手で、ものによっては気分が悪くなります。
※同じアセスルファムKでもアイスなんかに入っているのは気になりませんし、他の人工甘味料、例えばスクラロースが入っているもの(モンスターエナジーとか)は平気です。

初めに書いた通り、最初はドラッグストアで売っているプロテイン(SAVASとか)を飲んでいたのですが、そのような商品にはいずれもアセスルファムKが入っており、我慢して飲んでいたものの後味の気持ち悪さに耐えられなくなってしまいました。
そこで、美味しいと評判のビーレジェンドに乗り換えることにしました。

スポンサーリンク

beLEGEND(ビーレジェンド)プロテインについて

ビーレジェンドは豊富なフレーバーが魅力の国産プロテインで、人気キャラクターとのコラボ商品や、季節感のある限定品が販売されることもあります。
購入方法は通販がメインになりますが、2019年にドンキホーテで店舗販売されたりもしているようです。
(なお、本社が近くにあるためか、一時期近所のセブンイレブンに置いてありました。

基本的には公式の通販サイトで購入するのが一番安いです。
ただ、私は普段楽天市場をよく使っており、「買い回りでポイント〇倍」を狙ったり、セール時のクーポンを利用したりの組み合わせで実質けっこう安く買えることもあるので、楽天に出店している公式ショップを使うこともあります。
AmazonYahoo!ショッピング(というかPayPayモール)にも公式出店しており、これらのECサイトの方が「〇〇円以上購入で送料無料」のハードルが低かったりしますし、各サイトのポイントを貯めている人もいると思うので、購入の際は送料込みの価格を比較してみるのがいいでしょう。

それぞれの感想はこの後書いていきますが、人気の味でも人によって結構好き嫌いが分かれるので、最初は1回分約30gのミニパックが13種類入ったお試しセットを買って飲み比べてみるのがおすすめです。
(※よくある比較レビューサイトみたいなブログで、全てのフレーバーに関して「不味い」方面の感想が全くない場合、そのブログの管理人は実際には1つも飲んでいないと思われるので、そういうのを参考にしてはいけません。)

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

無添加の商品や一部の甘くない商品を除いて、ビーレジェンドのプロテインにはほぼ甘味料としてスクラロースが入っています。
前述の通り、私はスクラロースは平気なのですが、一部商品にはアセスルファムKなど他の甘味料も入っているので、苦手な味がないかを確認するため、この13種セットを購入しました。

スポンサーリンク

飲み方について

お試しパックは、本来は一袋全量を150~300mlの水や牛乳などに溶かして飲むのですが、水・牛乳の両方で試したかったので、「100mlの水」と「100mlの牛乳」に半量ずつを溶かして飲みました。
また、可能な範囲で妻(※最近プロテインを飲み始めたのでまだあまり飲み慣れていない)にも試飲に協力してもらいました。
なお、先入観を排除するため、アセスルファムKなど「スクラロース以外の甘味料」が入っているかどうかは飲んでから確認し、入っていたものにはその旨を書いていきます。

1.ナチュラル(ミルク風味)

このナチュラルが一番人気らしいです。
メーカーによっては「ナチュラルのプロテイン」というと「甘味料などの添加物が入っていない無添加プロテイン」を指しますが、ビーレジェンドのこちらはそうではなく、ほのかな甘みがある薄めの低脂肪乳みたいな味です。
(※無添加の商品として、たんぱく質含有率の高い「MUTENKA」や、価格を抑えた3kgパックの「GENMATSU」があります。)

牛乳に溶かすと少し甘みが増しますが、だからといってくどい味にはならず飲みやすいです。
個人的には「毎日飲むならこれ」という感じで、1kgパックでも購入しました。
ただ、妻は「水で溶かした方が飲みやすい」と言いつつも「飲めないことはないけど…うー…」みたいな顔で飲んでおり、甘みがあるとはいえプロテインに不慣れな人には少々飲みにくいのかもしれないです。

2.南国パイン風味

続いてのパインは、パイナップルそのものというより「パインアメをジュース化したらこんな感じだろうか」という雰囲気の味です。
少し酸味がありますが、水でも牛乳でもすっきりした味で飲みやすいです。
妻はこのパイン風味を水で溶かしたのが気に入っていました。

3.抹茶のチャチャチャ風味

水で溶かしても既に十分な抹茶ラテっぽさがあり、ほのかな苦みも感じられて完成度が高いです。
牛乳に溶かすとややもったりした質感になって、筋トレ後に飲むにはちょっと重いかもしれませんが、置き換え間食に良いのではないかと思いました。
飲んでから確認したところ、こちらは甘味料としてスクラロースだけでなくステビアアセスルファムKが含まれていましたが、この抹茶風味に関しては後味の気持ち悪さもなく、特に気にならなかったです。

4.一杯飲んどコーラ風味

なんと微炭酸のプロテインです。
色が白っぽいため、いざ水に溶かすと一瞬混乱しますが、味はなるほどコーラっぽいというか、コーラ味の駄菓子に近い味です。
なお、自分で決めたルールなので不安に思いつつ牛乳にも溶かしてみたところ、コーラフロートの終盤みたいな感じになって案外悪くありませんでした。

こちらも甘味料として、スクラロース以外にもステビアアセスルファムKが含まれていました。
私はアセスルファムKで甘味をつけたダイエットコーラの類が本当に苦手なのですが、このコーラ風味プロテインは特に違和感なく飲めました。

5.キャラメル珈琲風味

キャラメル珈琲と言いつつもコーヒーっぽさはあまりなく、キャラメルラテというよりキャラメルミルクのような味です。
抹茶風味と同様、水だけで十分にミルク感があり、牛乳だとちょっと重く感じました。
甘味が比較的強めなので、甘いのがいい人にとっては選択肢の一つになると思います。

6.ベリベリベリー風味

女性に非常に人気らしいベリー風味、酸味の中にほのかな甘みが感じられてこれは本当においしいです。
妻はこのベリー風味を水に溶かして飲むのが一番気に入ったようです。
そして、これを牛乳に溶かすと他のフレーバーよりもドロッとした質感が強く、スムージーというか飲むヨーグルトみたいになるので、間食の置き換えにも最適なのではないでしょうか。

7.そんなバナナ風味

ここまで「どれも美味しいなあ」と飲んでいたのですが、このバナナ風味は個人的に無理でした。
ミックスジュースのような味を想像していたのですが、香料が強く出すぎているうえに変に甘ったるく、ケミカル感がかなり強いと感じました。
牛乳に溶かすと若干飲みやすくはなりましたが、それでも後味の悪さはかなり厳しいレベルで、しばらく胸焼けがしました。

甘味料としては、スクラロースに加えアセスルファムKが含まれていました。
自分の感覚では「これぞアセスルファムK入りの飲み物」という味で相当飲みにくかったのですが、上位の人気商品のようなので、アセスルファムKが平気な人ならば美味しく飲めるのかもしれません。

8.めろめろメロン風味

バナナほどではないのですが、これも香料と不自然な甘ったるさが強く、かなり苦手な味でした。
水よりも牛乳に溶かす方が多少飲みやすく感じましたが、また飲んでみたいとはちょっと思わないです。
甘味料としてスクラロース以外にステビアアセスルファムKが含まれていました。

9.情熱のパッションフルーツ風味

フルーツフレーバー系で合わないのが続きましたが、パッションフルーツ風味はさっぱりして美味しいです。
パイン風味やベリー風味と同じ系統の飲みやすさで、ベリベリベリー同様、牛乳だとデザートっぽさが出ます。
酸味のある味が苦手でない方にはおすすめのフレーバーです。

10.すっきリンゴ風味

個人的に一番きつかったのがリンゴ風味です。
リンゴらしい味はほとんど感じられず、代わりに香料の匂いだけが強烈に口の中に残って、水でも牛乳でも変な後味がきつく、飲んでしばらくの間は気分が悪くなってしまったほどです。
しかし、成分を確認すると添加されている甘味料はスクラロースだけで、自分にとってどのような要素がこんなにダメだったのか謎です。

11.ぴちぴちハッピーチ風味

香料の感じがやや強めにくるものの、味はすっきり系で飲みやすいです。
水に溶かすだけでスムージーっぽさが感じられる一方、牛乳だと甘さが若干くどいようにも思いましたが、いずれも美味しく飲めました。
甘味料としてはスクラロースに加えてステビアが含まれていました。アセスルファムKは入っていません。

12.激うまチョコ風味

ちょっとココアのような風味も感じるチョコフレーバーです。
水に溶かすとやや薄い感じですが、牛乳に溶かすとカフェモカのような濃厚な味になって美味しいです。
個人的にはそこまで好みど真ん中ではなかったのですが、確実に好きな人が多い味だと思いますし、人気の上位なのも納得です。

13.初恋のいちご風味

酸味のあるフルーツフレーバーのひとつ。
先に飲んだベリベリベリーの感動が大きすぎたせいで、それと比較してしまうとインパクトはあまりなかったのですが、これも甘味が強すぎず飲みやすいです。
水に溶かした時はちょっと薄い感じなので、個人的には牛乳に溶かした方が好きです。

14.ミルキー風味

お試しセットについて先に書きたかったので順番が前後しましたが、実は最初に買ったビーレジェンドプロテインは、冒頭で写真を載せたセブンイレブンに置いてあったミルキー風味でした。
味はびっくりするほどミルキーで、ちょっと後味に違和感があったのものの、濃厚な甘味によるものか、そこまでは気になりませんでした。
水で割っても十分にミルキーで、牛乳だとさらにミルキーになります。

なんでもサンプルの時点で不二家の社長さんから絶賛されたらしく、材料の練乳はミルキーに実際に使われているのと同じものだそうです。
甘味料として、スクラロースだけでなくアセスルファムKも含まれているのが違和感の原因だったのかもしれません(※これは成分を確認したうえで購入)。
なお、こちらはペコちゃんのパッケージの方ですが、ポコちゃんパッケージの「ミルキーココア風味」も存在します。

各通販サイトの価格はこちらからチェック↓

15.甘くな~いビター珈琲風味

甘くないプロテインとして買ってみたのが、限定品の甘くないコーヒー風味(※現時点ですでに販売終了)です。
カフェイン入りということもあり、朝起きた時のコーヒーをこれに置き換えようとしたのですが、コーヒーというより単に苦いよく分からない味で、水に溶かすのでは全く飲めず、ナチュラルと半々で混ぜて牛乳に溶かして飲み切りました。
甘くないプロテイン自体は平気なのですが、それと別の味の組み合わせはなかなか難しいのかな、と感じました。

16.GENMATSU

原末、「原料粉末」を指すその名の通り、無添加の味なしプロテインです。
公式の紹介文で「おいしくない」「溶けにくい」「泡が立つ」とされており、実際この牛乳を水で薄めたような味は、慣れない人には厳しいと思います。
とはいうものの、プロテインを多少飲み慣れた人であれば普通に飲める飲みやすさだと思いますし、泡立ちもさほど気にはなりません。

以前に飲んだことがある他メーカーの安物無添加プロテインと比べると全然雑味がないですし、水でも牛乳でもすっきり飲めます。
他のフレーバーと混ぜて飲んだり、「人工甘味料は避けたいけど甘みは欲しい」という人なら少量の砂糖や蜂蜜を混ぜて飲むのもいいと思います。
何より、この飲みやすさで海外製品に迫る安さは魅力です。

【総評】

私は別に筋トレガチ勢でもなんでもないので、他のメーカーのプロテインにもそこまで詳しくはないですが、好みに合わない味はあったものの「ビーレジェンドのプロテインは美味しい」という評判自体は納得のいくものでした。
ただ、私が好きなフレーバーがネットで「不味い」と酷評されていたり、逆に苦手なものに絶賛レビューがついていたりするので、人によって合う合わないは確実にあるのだと思います。
まずはお試しのセットを一通り飲んでみたうえで、続けられそうなものを1kgパックで買うのがよいのではないかと思います。

個人的なおすすめを挙げるなら、プロテインに抵抗のない人が飽きずに飲み続けられるのはナチュラル、フルーツフレーバーでオススメなのがベリベリベリーパッションフルーツ、いかにもなプロテイン感がとにかく少ないものがいい人なら甘味が強いミルキーでしょうか。
今後も新しく何か買ってみたときは追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました