【発達障害検査】発達障害の専門医院・検査ができる病院の探し方

子供にせよ成人にせよ、発達障害の検査を実施している専門医の情報はインターネット上に多く存在します。
しかし、情報が古かったり、内容が間違っていることも多いです。
そこで、発達障害の検査をしてくれる病院に関する確実な情報を入手する方法として、発達障害者支援センターの利用について紹介します。

まずは、私個人がセンターでの相談に至るまでの経緯から。

私は前に勤めていた会社を辞めて以降、ハローワークや求人サイト等で仕事を探しています。
今のところは、フルタイムではなくパートタイムで働きたいと考えています。

しかし、事務職経験しかない30代男性という属性もあってか、なかなか新しい仕事は決まりません。
現場労働系の求人は「30代で未経験はちょっと…」と落とされ、事務の仕事は「本当はダメだけどこの求人は女性だけが対象だから」と門前払い。
たまにいけそうな仕事があっても「平日週5勤務が条件」という場合が多く、発達障害の長男の療育通所のために週に1日休みが必要な私には働けません。

一方、障害者雇用の求人であれば、勤務日数が少ないものも多く、私でも働けそうな仕事を見かけます。
しかし、私は発達障害検査を受けたものの、その結果はあくまでグレーゾーンであり、精神障害者保険福祉手帳の取得には至りませんでした。
当然、障害者向け求人には応募すらできません。

【発達障害検査】結果④ 最終的な診断は「ASDグレーゾーン」

そんな折、SNSで知り合った発達障害当事者の方とやり取りしていた中で、「最初の病院では診断がつかなかったが、別の病院で診断がついたので障害者手帳が取得できた」という方が何人かいました。
私が検査を受けたK診療所はかなりしっかり検査をしてくれたので、結果自体には不満は無かったのですが、「あなたぐらい症状出てたら診断ついてもおかしくないのにな」と複数の方から言われたこと、そして妻から勧められたこともあって、私は最後にもう一度だけ別の病院で検査を受けてみようと考えたのです。

ところが、今住んでいるところの近くで検査が受けられる専門医を探そうと「〇〇県 発達障害 検査」等の検索ワードで調べてみても、いまいち正確な情報が出てきません。
そこで偶然存在を知ったのが「発達障害者支援センター」です。
全国の発達障害者支援センター一覧

私はまず、県内の発達障害者支援センターに電話で「成人の発達障害の検査が受けられる近場の病院を教えてもらうことはできますか?」という点を確認してみました。
そして、面談が必要とのことだったので、センターに訪問する日時を予約。
実際に職員の方と面談したのち、3つの精神科・心療内科を教えてもらうことができました。

ここで驚いたのが、この3つの病院いずれも公式ウェブサイトでは「発達障害検査が受けられる」と明示していないことです。
さらに、ネット検索で出てきた発達障害情報サイトでも、3院のうち2院が未掲載でした。
つまり、これらの病院の情報は発達障害者支援センターに行かなければ手に入らなかったということになります。

なお注意点として、センターによって対応が異なる可能性があることにご留意ください。
また、あくまでも「検査が受けられる病院の情報を提供してもらうだけ」なので、センター経由だからといって優先的に検査の予約がとれるわけではありません。
検査を受けに行くのが大病院ならば、紹介状なしで行くのと同じで、初診料が高額になる場合もあります。

とはいえ、個人的には今回非常に有益な情報が得られました。
検査を受けることを検討している方は、病院探しの手段の一つとして利用してみることをおすすめします。

【続きはこちら↓】

【セカンドオピニオン】大人の発達障害、2度目の検査を予約

【関連記事はこちらから】
カテゴリー:私の発達障害検査の話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。