スポンサーリンク

【障害者雇用で発達障害の仕事探し】おすすめの転職エージェント

当ブログではこれまでにも、私自身の経験を元に様々な転職支援サービスを紹介してきましたが、今回は友人・知人からの評判を含め、おすすめしたい転職エージェントを網羅してまとめてみました。
私が前に仕事を探していた時点では「在宅で働ける障害者向けの求人」はまだ少なかったのですが、昨今の急速なテレワークの普及により、完全在宅の仕事も以前より増えているようです。
私自身、障害者雇用で働いている現在の仕事の給与に100%満足しているわけではないので、過去に利用して良かったサービスに加え、「良さそうだし今度ぜひ利用してみよう」と考えているものも含めて紹介していきます。

スポンサーリンク

発達障害に転職エージェントをすすめたい理由

私は健常者として一般就労で働いていた時にも、何度か転職をしています。
そして、その時から転職の際には毎回転職エージェントを利用しています。

発達障害当事者にとって、「複数の求人に同時進行で申し込み、履歴書が通った企業の面接予定をスケジュール管理し、各日程に向けて事前に面接対策をする」というのを自力でこなすのはかなり大変なことです。
しかし、転職エージェントを利用すれば、自分に合った求人を紹介してくれるだけでなく、求人への応募面接日程の調整など、面倒なことを担当のキャリアアドバイザーさんに任せることができます。
それだけでなく、面接対策を手伝ってもらえたり、通常の求人サイト等では見ることができない非公開求人を紹介してもらえるのも大きな魅力です。

利用は無料であり、実際に採用が決まった時に企業から転職エージェントに報酬が支払われる仕組みなので、お金は一切かかりません。

スポンサーリンク

「大手人材会社の障害者向けサービス」は意外と少ない

ところで、一般就労で会社員をやったことがあれば、なんとなく「障害者雇用の仕事探しでもリクナビとかマイナビとかの有名どころを使いたいな」と考えるのではないかと思います。
私も最初はそうでした。

しかし、リクルートが運営する障害者向けサービスのアビリティスタッフィングは完全に首都圏限定で全国展開はしていませんし、マイナビに至ってはそのようなサービス自体がありません。
このことから、「一般的に名の知れた転職支援サービス」と「障害者雇用」は別物として考える必要があることをまず頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

【※注意】必ず2つ以上の転職エージェントに登録しよう

これは障害者雇用に限らずですが、1つだけではなく、必ず複数の転職エージェントに登録しましょう。

1つの転職エージェントに登録するだけでも様々な企業の求人を紹介してもらうことはできますし、転職エージェントにいくつも登録すると「別々の転職エージェントから同じ求人を紹介される」ということも起こりえます。
しかし、逆に「特定の転職エージェントからしか申し込めないレアな求人」というのも存在します。

また、複数社のキャリアアドバイザーから話を聞くことで様々な視点から自分の強みや弱みに基づいたアドバイスをもらえるのは大きなメリットで、自己分析の精度が大幅に上がります。
それだけでなく、「担当についたキャリアアドバイザーとの相性が合わなくて転職活動が思うように進まない」というリスクを分散することにも繋がります。
これらは私の経験からも間違いないので、面倒でも転職エージェントは最低2つ、可能であれば3つぐらいは登録しておきましょう。

では、ここからオススメの転職エージェントを紹介していきます。

dodaチャレンジ

まずは有名どころから、パーソル(旧インテリジェンス)グループが運営するdodaチャレンジです。

個人的に一般就労のほうのdodaに良い印象がなかったため、正直最初は不安もあったのですが、dodaチャレンジはかなり評判が良いです。
そして、実際に使って一番ありがたかったのが、初回の面談の日程調整で、平日のみとはいえ17時スタートという遅めの時間でも対応していた点です。
障害者向けサービスしかやっていない小規模の人材会社だと面談可能な時間帯が妙に短かったりもしたのですが、そのような転職エージェントと比べると「さすが大手」と感じました。

先に「大手の人材サービスと障害者向けは別物」と書きましたが、このdodaチャレンジは良い意味でdodaとは別物で、そのうえ実際に利用した中でもトップレベルに信頼できる担当者さんに当たりました。


エラビバ

2019年からスタートした比較的新しいサービスがエラビバです。
事故による脊髄損傷で車いす生活になってからも積極的な活動を続けている、仮面女子の猪狩ともかさんがアンバサダーに就任しています。
ハローワーク求人と人材紹介会社の求人をまとめて閲覧することができ、幅広い求人から仕事を探せるのが大きなポイントです。

トゥモローブライト

2016年設立、こちらも比較的新しい障害者向け転職エージェントであるトゥモローブライト
土日や夜間の相談が可能であることをアピールポイントとしており、さらに「年収500万円以上、高収入でキャリアアップを目指すハイクラス求人」を紹介するというヘッドハンティングサービスも行っています。

atGP(アットジーピー)

障害者向け専門の転職サービスとして比較的古株といえるのが、atGP(アットジーピー)です。
通常の求人検索や転職エージェントに加え、年収500万~1000万円クラスを目指すハイクラス求人に特化した「atGPハイクラス」というサービスもあります。
転職エージェントを実際に利用しましたが、担当者さんは障害に対する理解の深さがうかがえる方で、障害者を雇用する企業側の視点から見た情報も色々と教えてくださったのが好印象でした。

DIエージェント

私が現在働いている仕事の内定を得たのがDIエージェントです。
基本的には首都圏と関西圏のみのサービスなのですが、コロナ以前から在宅のテレワーク求人の掘り起こしに力を入れており、2019年末の当時において、私の希望する在宅フルタイムの求人が見つかったのは唯一ここだけでした。

まとめ

以上、発達障害当事者として障害者雇用で働く管理人がおすすめする転職エージェントをご紹介しました。
私は人事系の部署で働いていたこともあるのですが、やはり自己流で転職活動を行っている求職者よりも、第三者のアドバイスを受けて履歴書や面接対策をブラッシュアップしている求職者の方が印象は良いです。
希望の条件での転職を成功させるためにも、ぜひ相性の合う転職エージェントを見つけて、納得のいく仕事探しを成功させていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました