【発達障害転職記②】障害者雇用向け転職エージェントの比較

スポンサーリンク

障害者手帳の申請手続きをし、交付を待っている間、「実際のところ自分が使えそうな障害者向けの求人サイトはどんなものがあるんだろう?」と思い、下調べのためにいろいろと見てみました。
今回は、調べてみた各サービスを自分用のメモを兼ねてまとめておくことにします。

スポンサーリンク

発達障害こそ転職エージェントを使おう

私は自分で面接予定を管理すること等が非常に苦手で、過去に一般就労の転職活動をした際には転職エージェントを利用していました。
「希望にマッチした求人を紹介してくれる」「面接日程の調整等で間に入ってくれる」というのは、自分のようなタイプの人間にはぴったりのサービスだと思います。
通常のオープンな求人サイトには掲載されない、いわゆる非公開求人を見ることができるのも魅力です。

で、今回は「障害者雇用に特化した転職エージェント」的なサービスを利用できればと思っていたのですが、調べてみると田舎住まいには利用できるサービスが意外と少ないことが分かりました。
以下、調べてみた各転職支援サービスについて具体的に書いていきます。

スポンサーリンク

アビリティスタッフィング

天下のリクルートが運営する障害者向け転職エージェントが、アビリティスタッフィングです。
が、トップページ上部に思いっきり「サービス対応エリア 首都圏」と書いてありました。
東京で実施される登録説明会「アビリティゲート」への参加が必須ということもあり、東京近郊の居住者以外には利用できないサービスと言えそうです。
首都圏で障害者雇用の仕事を探す方にとっては上位の選択肢になるのではないかと思います。

エージェント・サーナ

障害者雇用に特化した求人情報紹介の企業としては老舗と言える、株式会社イフの転職エージェントがエージェント・サーナです。
求人サイトのウェブサーナは障害者向けの転職サイトとしては有名です。
転職エージェントのエージェント・サーナは対応地域が関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)、関西圏(大阪・京都・兵庫・滋賀)となっており、こちらも都市圏での障害者就労を目指す方の選択肢と言えるでしょう。

その他有名サイトの転職エージェントサービスの有無

上記の各サービスに加え、「マイナビってこの手の事業はやってないのかな?」と思い調べてみましたが、障害者向けに特化したマイナビの求人サービスは存在しません(※新卒向けの「マイナビチャレンジド」というのはある)。
また、障害者求人サイトとして有名どころのひとつであるクローバーナビにもエージェントサービスはありませんでした。

dodaチャレンジ

ここまで紹介してきた各サービスに対し、地方在住の発達障害が利用できそうな障害者向け転職エージェントもあります。
その一つがまず
パーソル(旧インテリジェンス)が運営する障害者向け転職支援サービス、dodaチャレンジです。
個人的に一般就労のほうのdodaには良い印象がないのですが、調べてみた限りdodaチャレンジはなかなか評判がよさそうです。
→実際に登録してみました。

【発達障害転職記③】dodaチャレンジを利用してみた
私は発達障害(ASD:自閉症スペクトラム)の診断を受け、2019年10月、精神障害者手帳の申請手続きをしました。 そしてその後、まだ手帳の交付前ではありましたが、dodaチャレンジは障害者手帳の申請中であってもサービスの利用を申し込むこと...

Social Partners(ソーシャルパートナーズ)

スイスに本部を置く人材サービス企業、アデコが運営するソーシャルパートナーズは、同社の転職エージェントサービスであるSpring転職エージェントの障害者向け版という感じでしょうか。
今の名称に変わる前ですが、一般就労の方のアデコの転職エージェントは以前に利用したことがあり、非常に印象が良かったので、こちらも期待できそうです。
→実際に登録してみました。

【発達障害転職記④】Springソーシャルパートナーズを利用してみた
私は発達障害の検査の結果、ASD(自閉症スペクトラム)の診断が出たことにより、2019年の10月に精神障害者手帳を申請しました。 そしてその後、まだ手帳は交付されていませんでしたが、アデコのSpringソーシャルパートナーズは障害者手帳の...

atGP(アットジーピー)

ゼネラルパートナーズが運営する障害者転職支援サービス、atGPも転職エージェントのサービスを提供しています。
ハイクラス求人に特化した「atGPハイクラス」というサービスもあるようで、まあこれは高いスキルやマネジメント経験を持つ身体障害者を想定しているっぽいですが、それらも含めて幅広い求人を持っていそうです。
→実際に登録してみました。

【発達障害転職記⑤】atGPエージェントを利用してみた
私は検査の結果、発達障害(ASD:自閉症スペクトラム)の診断がつき、2019年10月に精神障害者手帳を申請しました。 そしてその後、まだ手帳は交付される前の段階でしたが、atGP(アットジーピー)は障害者手帳の申請をしていれば実際の手帳取...

DIエージェント(※2020年1月追記)

首都圏のみでサービスを展開していたDIエージェントが、1月から関西圏にもサービスを拡充したことを偶然知りました。
→こちらも実際に登録してみました。

【発達障害転職記⑦】DIエージェントを利用してみた
私は発達障害(ASD:自閉症スペクトラム)の診断を受け、2019年12月、精神障害者福祉手帳を取得しました。 その申請手続き中であった11月ごろから、障害者向けの転職エージェントを中心に障害者雇用の仕事を探し始めたのですが、田舎ではやはり...

エラビバ(※2021年2月追記)

2019年からスタートした比較的新しいサービスであるエラビバでは、ハローワーク求人と人材紹介会社の求人をまとめて閲覧可能です。
カウンセリングや面談がWEBで完結することもアピールされており、幅広い求人から仕事を探すことができそうです。

【関連記事はこちらから】
タグ:障害者雇用

コメント

タイトルとURLをコピーしました