【実際に利用した本気の感想】転職エージェント5社の経験談

「転職エージェントの評判は?〇社を徹底比較!」みたいな記事を書いているブログは山ほどありますが、実のところブログの運営者が実際に利用したわけではないものがほとんどです。
そのうえ、どんなにダメな転職エージェントでも全力で叩かれていることはほぼなく、正直大して参考になりません。
そこで、過去の転職活動で実際に複数の転職エージェントを利用した私が、一切の忖度なしに実際に利用した転職エージェントの特徴を書いてみます。

【※前提 転職エージェントとは】

通常の「求人サイト」「転職サイト」を利用する場合、自分で求人を検索し、応募するたびに毎回履歴書を作成し、書類が通れば面接日程を調整し…という手間がかかります。
それに対し、希望にマッチした求人を紹介してくれるうえ、面接の日程調整や条件交渉まで選任のアドバイザーがやってくれるのが転職エージェントです。
無料で利用できるうえ、予定管理に割くリソースがかなり少なくなるので、私は転職には毎回転職エージェントを利用しています。

・リクルートエージェント

リクナビでおなじみ、言わずと知れた業界最大手リクルートが運営する転職エージェント。
求人案件の量が多いのは当然ながら、極端なハズレ求人を紹介されることが少ないのも特徴。

こちらの希望から少々ズレた案件の紹介もあるものの、基本的には「これ試しに応募してみようかな」と思わせてくれるものが多い。
担当キャリアアドバイザーに多少の当たり外れはあるが、履歴書の添削や面接対策については膨大な蓄積を持つだけあってか的確。

ただし、(これは他のエージェントにも言えることだが)営業職なんかだと本当に山のような量の求人を紹介されるので、取捨選択が大変とも言える。
これが理由で一部では悪い評価もある模様。
とはいえ、大規模な転職エージェントに一社だけ登録するなら完全にリクルートエージェント一択。

・マイナビエージェント

新卒の就活ではリクナビに並ぶ二強、マイナビが運営する転職エージェント。
しかし、転職支援サービスにおいてはリクルートと比べてパッとしない。

職種や経歴によっては、他のエージェントでは求人紹介を受けられるのにマイナビだけ「紹介できる求人がない」と登録を断られることも。
ネット上では「第二新卒を含む20代の転職に強い」みたいな評判を見かけるが、ぶっちゃけそんなことも全然なかった。

なお、「自分にぴったりの転職エージェントを探す」という別サービスとしてマイナビ転職エージェントサーチがあり(ややこしいわ)、こちらのサービスを利用すると、職種や業種によってはニッチ業界に強い小規模エージェントからスカウトがくることもある。
ただし登録は別なので注意。

・doda(デューダ)

転職市場では明らかにマイナビより存在感が強いdoda。
運営はパーソル(旧インテリジェンス)
「dodaエージェント」のような感じの独立したサービスではなく、転職サイト「doda」の中の機能の一つとして転職エージェントのサービスがある。

紹介してくれる求人数は多いが、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる方式」とでも言うか、リクルートエージェントと比較すると紹介の精度が低い。
「経験を生かせる事務系、場所は居住県内か、隣県でもいいので通勤時間1時間以内」と希望しているのに、「未経験OKの営業、県内だけど通勤時間は90分以上」みたいな全然違う求人をバンバン紹介してくる(どのエージェントでもこういう面はあるが、dodaはこれがあまりに多い)。
2回利用して2回とも全然ダメだった。

身近に転職経験者がいると「どこの転職エージェントを利用したか?」という話になることが多いが、「dodaで転職して成功だった」と言っている人には一度も会ったことがない。
とはいえ、「とにかく多く求人を紹介してほしい」という人にはある意味おすすめ。

・JACリクルートメント

ハイクラス専門の外資系。
対応は非常に丁寧だが、基本的に年収4ケタ万円クラスの「ガチな人材」のためのエージェントだと思ったほうがよい。

「うちのサービスに応募してくるってことはそれなりに市場価値の高い人材なんだろうな?ああん?」と言われることは実際にはあり得ないが、そう言われて即座に「当たり前だろ!俺を誰だと思ってんだ!」と返答できるレベルの人材だけが登録するべきなのでは?とさえ思う。
「国内トップクラスの高学歴」、「マネジメント経験」、「専門知識・技術におけるスペシャリスト」、「取得難易度の高い資格」、「ビジネス実戦レベルの語学力」といった要素が一つもない人が申し込んでも、適切な求人を紹介してもらえる可能性は低いと思われる。

・Spring転職エージェント

派遣のイメージも強いアデコが運営する転職エージェント。
2017年に「Spring」に名称変更した。実は外資系。

面談は丁寧で、求人の紹介もこちらの要望を外すことはほとんどなく的確なため、信頼性は高い。
ただ求人数はリクルート・doda等の国内大手と比較すると少なく、職種によってはほとんど紹介が受けられないことも。

・まとめ

以上ざっと書きましたが、実際にエージェント利用経験がある人に聞けばおおよそ同じ印象だと思います。
よく「複数のエージェントを併用しよう!」と言われているのは確かにやっておくべきことではあるので、リクルートエージェント+どこか小規模の丁寧なエージェントの最低2社に登録することをおすすめします。

縁あってこの記事を目にした転職希望者の方が、ネットの適当な情報に踊らされずに転職を成功させることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。