【海外企業の在宅ワーク】LIONBRIDGEに申し込んでみた話

新しい在宅バイトを探していたところ見つけた、アメリカのLIONBRIDGEという企業の仕事。
できるなら「LIONBRIDGEのバイトに受かるまで」みたいなタイトルで書きたかったですが、残念ながら私は結局試験に合格することができず、採用はされませんでした。
ただ、仕事の内容や試験でどんな問題が出たか等はあまり書けないものの、ネット上にあまり情報がないので、書ける範囲で経緯を書き残しておこうと思います。
【追記:本記事の内容は基本的に2018年秋時点での情報である点にご留意ください】

私は定期的に在宅ワークの仕事を探しているのですが、ある日、某アルバイト求人サイトで「英語スキルを活かせる」「インターネット広告の評価」という時給1900円(!)の求人を見つけました。
聞き慣れない海外企業ということもあり、少し不安はありましたが、なかなか見ない高時給につられて応募ボタンをクリック。
中学生のときに取った英検2級以降、TOEICやTOEFLといった英語力の指標になるような試験を受けずにきてしまった身として、ちょっとした力試しにもなるかな?という考えもありました。
しかし、これは軽い気持ちで申し込んでいいような仕事ではありませんでした。

応募したその日のうちに、LIONBRIDGE社からメールが届きました。
英文で。
そう、全てのやり取りは英語で行われるのです。
掲載する求人媒体間違えてんじゃねえのか?という気もしましたが、同時期に転職サイト等にも掲載されていたようで、募集の際には幅広く求人広告を出しているのでしょう。

最初のメールの内容は、「インターネット検索の結果に表示される広告が適切なものかを判断・評価する」という仕事内容の簡単な説明と、申し込みフォームへの入力指示でした。
このフォームに、氏名や年齢、資格、学歴、そしてこれまでの職務経歴を簡単に入力する必要がありました。
くどいですが全部英語です。軽い気持ちで応募した人は、おそらくここで脱落するのでしょう。

フォームに各項目を入力して送信すると、翌日「このプロセスには2週間程度かかります」というメールが。
しかし、「しばらく待つ必要があるのかな?」と思っていたら、その日のうちに新たなメールが届きました。
その内容は「あなたを候補者と認めたのでWordで履歴書を作って送ってください」という指示。
外資系企業の経験は全く無く、英文履歴書は初めてだったものの、色々調べながら丸一日かけてなんとか書き上げました。
ちなみに、いくつか見た中で一番参考になったのはマンパワーグループのサイトです。他の似たようなサイトと比べてかなり的確な内容なのでおすすめです。

この翌日には「あなたを今回の求人に適した人材であると認めます」という趣旨のメールが届きました。
そのメールには契約上の規約や、詳しい業務内容が添付されており、雇用契約ではなく業務委託になるため、所得税等の支払いは自分で確定申告する必要があることにも触れられていました。
そして、業務用に新たなGmailアドレスを取得したうえ、オンライン上で実施する試験に10日以内に合格しなければならないとのことでした。
試験のためのeラーニングの教材も用意されており、私は約1週間、空いた時間を使って勉強し、試験に臨みました。

オチは最初に書いたとおりです。残念ながら不合格でした。
結構手間も時間もかけたんだけどな…というのが正直なところですが、はっきり言って私にはかなり難しい内容だったので、仕方ありません。
この採用過程で必要な英語力は、基本的には読み書きがメインですので、英会話が得意でなくとも、受験英語をきっちりやっていた人なら(多少Google翻訳の助けも借りつつ)問題なく進めることができると思います。
私はセンター試験で197点をとったぐらいには真面目に英語をやっていたので、英語自体はあまり苦にならなかったのですが、仮にこの試験が日本語で実施されていても合格できたか怪しいと感じています。
それぐらい、私にとっては中身の難易度が高かったです。
試験対策としてはeラーニングをきっちりやるしかないと思いますが、試験本番で初めて見た問題もありましたので、それにその場で対応できるかが合否の分かれ道でしょうか。

というわけで、残念ながら時給1900円は逃してしまいました。
応募から試験不合格まで、約2週間といったところです。
今調べてみたところ、この記事を書いている2018年11月12日時点で、同じ求人がまだオープンになっているようです。
在宅ワークでなくとも時給1900円というのは魅力的ですし、英語に自信があって勤務時間の短い仕事を探している人はチャレンジしてみてはいかがかと思います。

【2018年12月追記】
この記事を書いた数日後に「もう一回試験受けられるけどどうする?」という案内がありました。
前回このために取得したGmailアドレスは使用不可(しかもアドレス作成のルールがガラッと変わっている!)ということで、新たにメールアドレスを取得し、再試験を受けることができました。
はい。また不合格でした。
ちなみに再試験では一部ですが最初の試験と同じ問題も出ました。

【2019年2月さらに追記】
広告審査とは違う仕事の打診がありました。
しかし、メールに気付かず返信が遅れた結果、応募者多数で打ち切ったと言われてしまいました。
いつ連絡があるかわからないですが、声がかかったらすぐに応募するのがよさそうです。

【2019年4月またまた追記】
また別の仕事のオファーが届いたので、今回は大急ぎで返信しました。
ところがその過程で、2月にオファーのあった仕事が不採用ではなく「IN PROCESS(選考中)」となっていることが判明。
結果、今回の件は無しになり、代わりに2月にオファーされていた仕事について新たに試験を受けることになりました。

【2019年5月 最後の追記】
試験を受けるために渡された資料は300ページという大ボリューム!
この少し前に時給1,500円で在宅の派遣仕事を始めた自分としては「そこまで面倒なことする必要あるか?」という心境になってしまい、LIONBRIDGEに「今後はもう連絡いただかなくて結構です」という趣旨のメールを送信しました。
なんだかんだで何も残りませんでしたが、鈍っていた英語力を多少なりとも復活させることができたので、まあ無駄ではなかったと思うことにします。
こんなオチで申し訳ない。

【他の在宅ワーク関連の記事はこちらから】
カテゴリー:在宅ワークの話

6件のコメント

        1. 実際に開業届を出すかどうかは人によるかと思いますが、基本的にはそのような解釈でよいかと思います。

    1. なにぶん結構前の話なので記憶が定かでなく、最初に試験を受けたときと2回目のときのごく短期間でも手順がけっこう違ったので、ちょっとそのあたりはご回答ができずすみません。
      海外企業ということもあり、正直説明が足りないと感じる部分は多かったので、「不明点があるならすぐに聞く」というスタンスで質問するのがよいかとは思います。
      ご質問への答えになっておらず申し訳ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。