【夏休み宿題】フタ付き牛乳パックを材料に貯金箱を作成

小学1年生の長男の夏休みの宿題に「貯金箱を作る」というものが出ました。
で、ネタとしては大いにベタかもしれませんが、本人がトイストーリーのドクターポークチョップことハムを作りたがったため、(本来キャラクターものはNGですが形状が普遍的だしいいか、ということで)豚の貯金箱を作ることになりました。
長男は発達障害グレーゾーンであり、私が多少手伝いながらの制作となりましたが、作業を簡単に進めるためのアイデアをいくつか思い付いたので、記録として書き残しておこうと思います。

まず、何より楽に作れる素材を探すところからスタートです。
最初は「牛乳パックに粘土を貼り付ける」という方法でいこうと考えたのですが、入れたお金を取り出す機構を作るのがめんどくさそうです。
そこで、買い物ついでにいろいろ物色していたら小さめのフタ付き紙ボトルを採用する案を思いつきました。

最初に見たのは飲むヨーグルトの紙ボトルでしたが、フタが青色で違和感があったため、近所のドラッグストアで見つけたTANPACTのカフェラテを採用しました。
そして、色塗りもなしで済ませるため、ダイソーでピンク色の紙粘土を購入。
さらに、ツルツルしたパックの表面にはうまく粘土が付かないだろうと考え、いわゆる足付けをするために荒目の紙ヤスリ(画像一番左)も用意しました。

実際に足付け作業をしたのがこの状態です。
やりすぎると強度が落ちる可能性があるので、手で触って全体がザラザラする程度まで削れば十分でしょう。

これにより、紙粘土を表面にペタペタとくっつける作業が格段にやりやすくなりました。
なお、これは失敗して後で気付いたのですが、当然ながら粘土を付け始める前にお金を入れる穴をあけておいた方がいいです。
※その場合は、どの面に穴を開けたかが粘土を貼りつけても分かるよう、飲み口部分に印をつけておく等の工夫が必要でしょう。

で、あとは飛ばしてしまいますが、鼻や耳、足をつけて油性ペンで顔を書き、1日乾燥させます。
粘土は1パックだと量が足りないかな?とも思いましたが、芯になる紙パックの周りに貼り付けるには十分でした。
ただ、乾燥させるとやはり鼻などの後付けパーツは取れてしまったので、木工ボンドで接着しなおす必要がありました。

背中にカッターナイフでお金を入れる穴を開けるのは私が手伝いましたが、あとはほとんど長男一人で進めることができました。
最後に仕上げのニスを塗って、さらに1日乾かせば完成です。
この仕上げ作業には筆付きニスが便利です。

筆つきネンドニス70ml 091553-380

完成写真も載せておきますが、一応顔は伏せておきます。

ちなみに貯金箱って英語で「Piggy bank」って言うんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。