発達障害セカンドオピニオン検査の事前記入書類が到着

2回目の発達障害検査の実施日が、約1ヶ月後の4月に決まりました。
で、今度検査を受けに行くS病院からは「自分自身で書いていただく心理検査等を事前に郵送しますので、届いたら記入して返送してください」と言われていたのですが、その書類一式がS病院から届きました。
※本来の定義とは異なりますが、この2度目の検査について当ブログでは「セカンドオピニオン」という表現を用いています。
続きを読む →

【セカンドオピニオン】大人の発達障害、2度目の検査を予約

前に書いたとおり、私は二度目の「大人の発達障害」の検査について考え、発達障害者支援センターに出向いて3つの専門病院を教えてもらいました。
そして、やはりもう一回だけ検査を受けてみようという結論に達し、どの病院に行くかを決めることにしました。
※本来の定義とは異なりますが、以後この検査について当ブログでは「セカンドオピニオン」という表現を用います。
続きを読む →

【発達障害検査】発達障害の専門医院・検査ができる病院の探し方

子供にせよ成人にせよ、発達障害の検査を実施している専門医の情報はインターネット上に多く存在します。
しかし、情報が古かったり、内容が間違っていることも多いです。
そこで、発達障害の検査をしてくれる病院に関する確実な情報を入手する方法として、発達障害者支援センターの利用について紹介します。
続きを読む →

【無理解への失望】親に発達障害の検査結果を告白

私は専門医による「大人の発達障害」の検査を受け、「ASD(自閉症スペクトラム)の傾向が強く出ている」という結果が出ました
障害であるとの診断が明確につくわけではない、いわゆる発達障害グレーゾーンですが、そうは言っても既に仕事をやめてしまった状況で、この結果を近しい親族に隠し続けるのは無理があります。
そこで私は、この結果を自分の両親と妻の両親に正直に伝えようと覚悟しました。
続きを読む →