30代妻子持ち、初めての無職

妻の再就職成功に伴い、私は鬱により半年間休職してしまった3社目の会社を、復帰することなく自己都合で退職することにしました。
上司と相談し、退職は2018年2月末日に決定。
上司からは「無理して最終日に出社しなくてもいい」と言ってもらえましたが、せめて社会人としての義理を通したいという思いもあり、最後に一度会社に行くことにしました。
続きを読む →

30代妻子持ち、改善しない鬱病、そして退職

2018年1月、私は4週間に渡り、発達障害の専門医院であるK診療所で発達障害検査を受けました。
それと並行して、鬱病の治療のため、会社に紹介されたT心療内科にも通院していました。
しかし、鬱症状が改善する兆しはなく、2月にもなると既に休職期間は5ヶ月目に突入していました。
続きを読む →

発達障害の過去話・社会人編④ 繰り返す休職、そして転院

私は転職3社目の会社で、入社してから半年ほどで早速1ヶ月休職してしまいました。
意を決して「大人の発達障害」の検査を予約したのもこの時期のことです。

【発達障害検査】大人の発達障害の自覚、そして検査予約


この休職の後、ひとまず体調を回復し、気合を入れなおして会社に復帰した私は、業務量にかなりの配慮をいただき、ほぼ定時で帰れるような状況でした。
にもかかわらず、私は再度心身の不調に襲われます。
続きを読む →

発達障害の過去話・社会人編③ 2度目の転職、失敗。

2社目の会社で難易度の高い仕事を任されるようになった私は、次男が産まれたこともあり、求められる仕事のレベルに対する給料の安さが気になり始めました。
そこで、「初めての転職では妥協したが、今の職歴ならもっと条件のよい会社に転職できるはずだ」と考え、2回目の転職活動に手を出しました。
この時、私は32歳目前になっていました。
続きを読む →

よく自分みたいなのが結婚してもらえたな、という話

このブログでは、これまで時系列順に自分の過去の話を書いてきましたが、今回は妻との事を書いてみようと思います。
妻とは交際当時から、基本的にいい関係が維持できていると思っています。
しかし、私の鬱の悪化により、普通なら確実に振られるであろう事を色々やらかした時期もありました。
続きを読む →

発達障害の過去話・社会人編① 初めての心療内科、そして休職

大学を5年かけてどうにか卒業した私の就職先は、事業会社ではなく、いわゆる職能団体でした。
会社員ではなく、団体職員というやつです。
世間的なイメージとは異なり、全く緩い職場ではなく、多忙で残業もかなりあったのですが、そのぶん給料は悪くありませんでした。
続きを読む →